│ 

「プジョー5008シエロ Battery charge or electrical supply faulty 修理 ➡ バッテリーチャージステータスユニット+保護管理モジュール交換です。」

PEUGEOT専門店 MajiBlue マジブルーです。


こちらのプジョー5008シエロ パールホワイトはE/g始動不能により
ロードサービスでの入庫ですね。
バッテリーをジャンプスタートすれば、E/gは始動するそうなのですが、
ガタガタと不調、エンストもするとのこと。
埼玉県にお住まいのオーナーさんです。


当社入庫時にもジャンプスタートして、ローダーから車両を降ろして移動したのですが、
ものの数分でバッテリーが高熱になり、煙を噴き出してしまいました。
充電制御がかかっているのか、オルタネーター発電量も8Vくらいしかありません。


バッテリーは完全にダメになっているので…。


高熱になっていた為、充電制御モジュール等への影響も懸念されますが、
一先ず、バッテリーを新品交換。


バッテリーを容量アップしたので、テスターで充電制御ユニットのコンフィグも変更。


これで、E/gも正常に始動、オルタネーターの発電量も問題なく、
バッテリーも発熱しなくなりました。


が、数日後にBattery charge or electrical supply faultyの警告が出るのとことで再来店。



バッテリーステータスユニット+保護管理モジュールを新品交換。
*充電制御モジュールは新品交換したので、再びテスターで設定


オーナーさん希望により、ポジションライトをデイライト化して完了ですね。


代わりまして、↑のプジョー5008シエロ リッチオークは
E/gオイル(MB-SupremeⅡ5W40)+エレメント交換でのご来店でした。